浮世絵・伝統木版画は繊細な神経と高度な技術の彫り・摺りが求められる!!木版画の素晴らしさ美しさ楽しさを伝える、匠木版画工房ふれあい館!!☆木版画教室生徒募集中☆


by takumihanga

<   2013年 01月 ( 1 )   > この月の画像一覧

浮世絵 亀山の摺り

北海道からバレン職人を目指して上京してこられた19歳のMさん(木版画組合の宝!)とベテランの I さん。
私が彫った廣重゛東海道五十三次・亀山″の摺に挑戦!
今日は一番難しい天ボカシ(一文字ボカシ)に取り組みました。
もちろん色はベロ藍(ベルリン藍こと、プルシャンブルー)、北斎はじめ廣重もあまりの美しさに惚れたベロ藍です。
初めての取り組みでありましたが、見事な摺に出来上がりました。

e0237745_19552459.jpg
e0237745_19555483.jpg
e0237745_19565191.jpg
e0237745_19585734.jpg
e0237745_19592122.jpg


本日、浮世絵摺りの名人と言われている菱村氏が来られ、二人の摺りあがった一文字ボカシを見てびっくりしてました。
「素人にしておくのはもったいない!是非、職人になってもらいたいなぁ」と、お誉めの言葉を頂きました。
お二人さん、益々精進して頑張ってください。

木版画って楽しいですね♪
[PR]
by takumihanga | 2013-01-29 20:19 | 木版画教室