浮世絵・伝統木版画は繊細な神経と高度な技術の彫り・摺りが求められる!!木版画の素晴らしさ美しさ楽しさを伝える、匠木版画工房ふれあい館!!☆木版画教室生徒募集中☆


by takumihanga

<   2013年 12月 ( 23 )   > この月の画像一覧

裏小刀だけで年賀状を彫り上げた S さんは、地墨(骨)線をシナベニヤとは思えないほど細く彫り上げ、色分け・色注しに入りました。
お仕事がお忙しく、なかなか時間が作れない大倉さんは、意を決して年賀状「ご萬歳と枝も栄えまします」の作品に取り組み、いよいよ丸ノミに入りました。
石川さんは、作品作り、年賀状作り、新たな作品作り等で、かなりハードな時間帯で頑張ってます。
中島さんは、年賀状作りには間に合わなく、練習彫りを頑張ってます。
初めての年賀状作りに取り組んだ谷口さんは、ぼかしを駆使し、素晴らしい年賀状が完成しました。
マイペースのルイーズさんは、稽古彫りの小刀を終え丸ノミに入りました。




S さん
e0237745_17563355.jpg


大倉さん
e0237745_17575982.jpg


石川さん
e0237745_17585852.jpg


中島さん
e0237745_1841683.jpg


谷口さん
e0237745_1843487.jpg


ルイーズさん
e0237745_1892658.jpg




木版画って本当に楽しいですね~ \(^^@)/ ☆彡
[PR]
by takumihanga | 2013-12-28 18:00 | 木版画教室

作品の摺

昨日に続き、生徒のみなさんは作品作りに没頭中です。
 
東海林さんの馬の作品は、浮世絵の吹上ぼかし、一文字ぼかしを用い、北斎や廣重がこよなく愛したベロ藍を使用。初めてとは思えないほど、綺麗なぼかしが出来ました。
武田さんは「城の春」の5版6度摺りに挑戦。彫りも綺麗に出来ましたが、摺も徐々に色が入り荘厳な城、美しいしだれ桜が映えて来ました。
国芳好きの清水さんは、「相馬の古内裏」の摺も完成に近づいてきました。苦労した細い線が集合した地墨(骨)線が引き立ちます。
摺師の沼部先生の吉田スタジオで半年間勉強して来られた志波さんは、やはり、細かいぼかしを駆使し、見事な「しゃばけ」の摺が出来上がってきてます。だんだん欲が出て来てまだまだ小さいぼかしを使用するため、最後の仕上がりは年を越しそうです。おお~とその前に、勿論彫りも見事に彫れてますので、ぜひ作品展に見に来て下さい。




東海林さん
e0237745_17421926.jpg
e0237745_17425536.jpg


武田さん
e0237745_17432339.jpg
e0237745_17434519.jpg


清水さん
e0237745_17442259.jpg
e0237745_17445176.jpg

e0237745_17513658.jpg


志波さん
e0237745_17534936.jpg
e0237745_17541487.jpg





木版画って本当に楽しいですね~ \(^^@)/ ☆彡
[PR]
by takumihanga | 2013-12-28 12:00 | 木版画教室

作品作り

前日に続き、生徒の皆さんは、年賀状及び作品作りに奮闘中です。

ロンドンから来られたルイーズさんは、あくまでも基本となる稽古彫りに取り組んでおります。
藤井さんは年賀状の小刀・丸ノミが終わり、惣合いに入りました。
石川さんは浮世絵の創作で、年賀状作りの丸ノミに入ってます。
デザイナーの阿部さんは、年賀状の小刀に取り組んでます。
谷口さんは最終段階の間透に入りました。
S さんは裏小刀しか勉強していない中、浮世絵の年賀状に挑戦し、何と裏小刀だけで彫り上げ最後の間透に入りました。



ルイーズさん
e0237745_17245875.jpg


藤井さん
e0237745_1725985.jpg


石川さん
e0237745_1725576.jpg


石田さん
e0237745_1727015.jpg


阿部さん
e0237745_17274316.jpg


谷口さん
e0237745_17283123.jpg


S さん
e0237745_17291732.jpg




木版画って本当に楽しいですね~ \(^^@)/ ☆彡
[PR]
by takumihanga | 2013-12-28 09:00 | 木版画教室

作品摺り

お医者さんの山下さんは、鮎とカワセミ、題して「真昼の昼下がり 渓流での一齣」のほりが全て終わり、最終段階の摺りに入りました。
ホルベインの水性絵の具を使い、何と、28版 33度摺りという超大作に出来上がりました!
本当に素晴らしい作品に仕上がりました。
是非、ご覧になられたい方は、第四回朝香伝統木版画教室作品展に足をお運びください。

e0237745_1752384.jpg
e0237745_1753013.jpg
e0237745_1761448.jpg
e0237745_1784666.jpg



木版画って本当に楽しいですね~ \(^^@)/ ☆彡
[PR]
by takumihanga | 2013-12-27 20:00 | 木版画教室

作品作り

年末も押し迫ってきましたので、生徒さんたちも年賀状作り、作品作りに大慌てです。
深谷から来られてる東海林さんは作品の馬の絵の丸ノミに入りました。
中島さんは基本となる練習掘りに余念がありません。
谷口さんは我が教室での初めての年賀状作りです。ご自宅で小刀を入れてこられましたので、今日は丸ノミに入りました。
武田さんは地墨(骨)線を終えいよいよ色版の彫りです。
萩原さんは大作の作品作りの間透に入りました。
清水さんは自分の大好きな作品、国芳の浮世絵に挑戦、最後の間透に入りました。
江藤さんは作品展に向け、基本となる稽古彫りを出展するため最終段階の間透ノミにに取り組んでます。




東海林さん
e0237745_17115610.jpg


中島さん
e0237745_1713445.jpg


谷口さん
e0237745_1714715.jpg


武田さん
e0237745_17144744.jpg


萩原さん
e0237745_1718471.jpg


清水さん
e0237745_17185085.jpg


江藤さん
e0237745_17195667.jpg




木版画って本当に楽しいですね~ \(^^@)/ ☆彡
[PR]
by takumihanga | 2013-12-27 18:30 | 木版画教室
年賀の作品、浮世絵「ご萬蔵と枝も栄えまします」に取り組む大倉さんは、細い線が多く大変ですが、黙々と小刀を彫り進めてます。


e0237745_16183640.jpg
e0237745_1619557.jpg
e0237745_16193223.jpg




イギリスから来られたルイーズさんは、練習彫りを終え硬い山桜の版の稽古彫りに集中しております。シナベニヤと違い山桜は粘りがあり、かなり硬いため、小刀を何回も欠かせます。しかし、それにもめげず、頑張るルイーズさん、故郷に錦を飾る(イギリスでは言わないと思いますが... )ため、更に集中力アップで取り組んでおります。


e0237745_1620426.jpg
e0237745_1621368.jpg
e0237745_1624411.jpg



e0237745_16275977.jpg


木版画って本当に楽しいですね~ \(^^@)/ ☆彡
[PR]
by takumihanga | 2013-12-25 16:00 | 木版画教室
弟子の長尾は、東京国立博物館蔵、北斎・花鳥図「杜若にきりぎりす」の色版の丸ノミに入りました。


e0237745_1681847.jpg
e0237745_1692356.jpg




前回に続き、私のお手伝いをしてくれている志波さんは、「しゃばけ」の小刀・丸ノミを終え、惣合いノミに入りました。


e0237745_1695910.jpg
e0237745_1610263.jpg



e0237745_16114957.jpg



木版画って本当に楽しいですね~ \(^^@)/ ☆彡
[PR]
by takumihanga | 2013-12-25 14:00 | 木版画教室

作品作り

いよいよ年賀状作りも山場に入り、青木さんも浮世絵・北斎漫画「馬」の小刀を終え、丸ノミに入りました。


e0237745_15473673.jpg
e0237745_15481922.jpg




作品展に向け頑張っている石田さんは、作品作りの「箱根芦ノ湖畔より夕暮れの富士を望む」の地墨(骨)線を彫り上げ、校合摺りに入りました。
同じく年賀状「大阪ニューオータニ馬頭ブロンズ像」の地墨(骨)線を彫り上げ、同じく校合摺りにはいりました。


e0237745_15483555.jpg
e0237745_1549912.jpg
e0237745_15494063.jpg
e0237745_15502513.jpg




e0237745_15504811.jpg
e0237745_15511276.jpg
e0237745_15521894.jpg
e0237745_15523628.jpg



木版画って本当に楽しいですね~ \(^^@)/ ☆彡
[PR]
by takumihanga | 2013-12-25 12:00 | 木版画教室

作品作り、及び稽古彫り

自ら描かれた「箱根芦ノ湖畔より夕暮れの富士を望む」石田さんは、細い線が沢山ある地墨(骨)を彫り上げ、色版の彫りも彫り上げ、いよいよ摺りに入るため、和紙の断裁に入りました。


e0237745_15383380.jpg
e0237745_1538579.jpg




次々回の作品展に向け、ご自宅で「東京駅」を彫り進めている藤井さんは、教室に来られると基本となる稽古彫りに余念がありません。


e0237745_15393194.jpg
e0237745_15395528.jpg




貴重な時間を作り出し、教室にこられた石川さんは、前回に続き年賀状、浮世絵 名所江戸百景「経堂ゆうちん散歩」の彫りに取り組んでおります。お仕事がお忙しいためなかなか彫り進みませんが、皆さんで応援して完成したく思っております。


e0237745_15403344.jpg
e0237745_15404957.jpg




作品展に向け、音声、「へ」「ねごと」「へ」の楽しい作品に取り組む石川さんは、前日に続き小刀の真っ最中です。


e0237745_15411920.jpg
e0237745_15414613.jpg



e0237745_15421518.jpg



木版画って本当に楽しいですね~ \(^^@)/ ☆彡
[PR]
by takumihanga | 2013-12-25 09:00 | 木版画教室

作品作り、及び稽古彫り

浮世絵 歌川国芳の「“相馬の古内裏”好きな所だけ」の作品に取り組清水さんは、小刀・丸ノミ・惣合ノミ・四分ノミ・駒透きを終え、終盤の間透きノミに入りました。


e0237745_15325781.jpg
e0237745_15323971.jpg




基本の稽古彫りに取り組む江藤さんは、作品展に向け、この浄瑠璃文字と鹿の子模様を綺麗に彫り上げ、作品展に出すことに決めました。


e0237745_15335767.jpg
e0237745_15333662.jpg




私のPCの手伝いをしてくれている志波さんは、「しゃばけ」の細く難しい地墨(骨)線を綺麗に彫り上げ、校合摺り・色分け・色注しを終え、色版の惣合いに入りました。


e0237745_15345258.jpg
e0237745_15343486.jpg



e0237745_15354739.jpg




木版画って本当に楽しいですね~ \(^^@)/ ☆彡
[PR]
by takumihanga | 2013-12-24 18:00 | 木版画教室