浮世絵・伝統木版画は繊細な神経と高度な技術の彫り・摺りが求められる!!木版画の素晴らしさ美しさ楽しさを伝える、匠木版画工房ふれあい館!!☆木版画教室生徒募集中☆


by takumihanga

作品作り、及び稽古・練習彫り、摺り

カナダから一時帰国されたアキコさんは、自ら彫金やゴム判彫りを手がけるなど、器用な方ですが、本格的に伝統木版画を勉強したいと、私の教室に来られました。
期間は2ヶ月弱ですが、皆さんと同じよに裏小刀、表小刀の基本から始めます。

e0237745_10391762.jpg



ルイーズさんは、前回に続き山桜の硬い木の稽古彫りに挑戦中です。小刀を終え、最終的な間透きノミに苦労してます。

e0237745_10411343.jpg



自ら描かれた東京駅の墨線(骨)線を終え、色版に入り力のいる惣合ノミを頑張ってる藤井さんは、なかなかこのような作業が少ないため、苦労されている様子です。

e0237745_10423022.jpg


e0237745_10432010.jpg



自ら彫り上げた作品、廣重の江戸百景「やまくじら」の摺りに挑戦中の東海林さんは、難しい作品を上手くすれたため、とても満足しておりました。

e0237745_1046311.jpg



練習彫りを終えて、稽古彫りに入った中島さんは、摺りの経験がないため、私の夢二の作品の摺りに挑戦することになりました。

e0237745_10475585.jpg


e0237745_10485741.jpg




木版画って本当に楽しいでね~☆彡 \(^^@)/
[PR]
by takumihanga | 2014-09-03 09:00 | 浮世絵・木版画教室