浮世絵・伝統木版画は繊細な神経と高度な技術の彫り・摺りが求められる!!木版画の素晴らしさ美しさ楽しさを伝える、匠木版画工房ふれあい館!!☆木版画教室生徒募集中☆


by takumihanga

作品作り、及び摺り

練習彫りを彫り進めておられるO さんは、国芳の金魚「ぼんぼん」のハガキ判の摺りに取り組む事になりました。
初めての木版摺りですが、なかなか上手に摺れました。

e0237745_11115226.jpg



O さんのご友人のトミさんも練習彫りをストップして、同じく金魚「ぼんぼん」の摺りを楽しんでおります。

e0237745_11134352.jpg


e0237745_11153475.jpg



明年の年賀状を千社札判で取り組むS さんは、可愛い鯛(目出鯛!)の作品の地墨(骨)線を彫り上げ、色版の彫りに入りました。
今回は、素敵なご主人様+可愛いお腹の赤ちゃんが生まれることを祝して、家族構成の作品になりました。

e0237745_1119103.jpg



残暑見舞いの作品に取り組む谷口さんは、少し焦りを感じ、色版の彫りを頑張ってます。

e0237745_11233842.jpg



前回に続き、一時帰国されているアキコさんは、練習彫りでは一番難しい、小さな円の間透きに取り組んでおります。

e0237745_11263922.jpg



前回も夢二の摺りに取り組んでおられたN さんは、最終段階の摺りに入りました。

e0237745_11274133.jpg

e0237745_1130720.jpg





木版画って本当に楽しいですね~☆彡 \(^^@)/
[PR]
by takumihanga | 2014-09-10 09:00 | 浮世絵・木版画教室